入試分析

データからみる大阪大学、神戸大学の入試2016

阪大・神大「合格者」と「受験者」の差

現役高校生にとって、現役合格に向けての大きな壁となるのがセンター試験です。そのセンター試験(2016 年実施分)の全国平均は、

センター試験(2016年度実施分)の全国平均
となっています。

では、そのセンター試験において、大阪大学(以下、阪大)・神戸大学(以下、神大)合格者は、どれだけ得点しているのでしょうか?【以下、医学部医学科・歯学部 は除く】研伸館から前期試験で阪大、神大に「合格」した先輩方(2016年度)の平均点は次のようになりました。

研伸館から前期試験で阪大、神大に「合格」した先輩方(2016年度)の平均点

いかがでしょうか?驚くくらい高いですよね。全体としては、以下のようになります。

全国平均=約60%,阪大合格者平均=約83%,神大合格者平均=約79%

センター試験の得点率で見ると、阪大・神大に大きな差がないというのも興味深いことです。一昨年は阪大合格者平均=約81%、神大合格者平均=約80%となっており、さらにその差は肉薄していました。

では、ここでもう1つのデータをお見せします。

研伸館から阪大、神大を前期試験で「受験」した先輩方(2016年度)の平均点

これは研伸館から阪大、神大を前期試験で「受験」した先輩方(2016年度)の平均点です。

阪大受験者平均=約79%,神大受験者平均=約76%

この数字を見て何を感じるでしょうか?こちらもやはり高いですよね。つまり、阪大・神大を受験するだけでかなり高いハードルと言えるのです。そして、現役合格者はそれ よりもさらにセンター試験で高得点を取っているというのがデータからみえる事実です。

得点率で見ると「合格者」と「受験者」の差は約3%~4%程度。阪大・神大受験はこの差が合否を分ける戦いなのです。

阪大・神大入試の考え方の違い

阪大入試の考え方

少し細かく説明すると、阪大と神大では入試の考え方が少し違います。
阪大では、センター試験よりも二次試験の方が配点が高く、それは特に理系で顕著です。
センター試験と二次試験の比率は例えば、

などとなります(最新情報は別途確認のこと)。

よって、阪大の場合、二次試験で他者よりも1問多く解ける人はセンター試験で失敗しても逆転は可能、と言えます。もちろん、阪大の二次試験はかなり難しいですから、優秀な受験生の中で抜きんでることは至難の業です(それだけの力がある人物がセンター試験で失敗することも少ないですし・・・)。

また逆に言うと、センター試験で高得点でも、逆転される可能性があるのが阪大なのです。

ですから阪大の対策の一般論としては、二次試験対応力をしっかり身に付け、それをセンター試験に落とし込む感覚で勉強することになります(センター試験でのみ課される科目は除きます)。

理系では国語と社会、文系では理科(社会)が、センター試験のみの科目になりますから、これらの対策は、合否の分かれ目になるものと思ってください。

ちなみに阪大合格者・受験者のセンター試験の各教科の平均得点差を見てみると、

阪大合格者・受験者のセンター試験の各教科の平均得点差

この平均は文系・理系を合わせたものですので、得意科目はこれより高い水準、苦手科目は出来るだけ足を引っ張らないように、という感覚で捉えてください。
一人ひとりの得点をみると、上記の平均の通りではなく、それぞれの戦略で高い総合得点率を実現しています。

神大入試の考え方

一方、神大はどうでしょうか。

阪大と比較すると、合格者平均と受験者平均の差がやや大きくなります。
ここからセンター試験の結果が合否に大きな影響を与えている、ということが言えます。その様子は、センター試験と二次試験の比からも分かります。例えば、

などとなります(最新情報、別途確認のこと)。

阪大と比べると、神大はかなりセンター試験を重視しています。
詳細は述べられませんが、「センター試験がある得点以上ならほぼ100%が合格だか、その点を切ると合格率は50%未満になる」という明確なボーダーラインが存在するのが神大の入試です。二次試験の問題が阪大ほどは難しくなく、センター試験の延長として二次試験の出題がされていることも、その辺りから説明がつくと思います(センター試験対応力≒二次試験対応力)。

センター試験でしっかり高得点を取れる力と二次試験範囲の知識がしっかりしていれば、神大の問題の多くは解くことができます(記述答案を作成する練習は必要となりますが)。

以上から、神大の対策の一般論としては、落としてはならない問題が全て解けるようになることを前提として、センター試験・二次試験で求められる常識的な発想力、問題解決力を身に付けることで、センター試験・二次試験の対策を同時並行で実行していくとなります。

阪大・神大の受験を目指す皆さんへ

様々なデータを中心に阪大・神大入試の分析を行いましたが、それぞれの大学入試の実像が見えてきたでしょうか?いずれの大学もまずはセンター試験で高得点を取れないと受験すらできません

センター試験は総合力勝負なので「時の運」という要素は少ないものです。
その時々の「失敗」「成功」というのはほとんどなく、受験当日までにいかに勉強し、いかに知識を着実に身につけてきたのか、そういった日々の努力がはっきりと診断されます。
「試験当日に神が舞い降りて…」とか「模試はイマイチだけど、本番は何かいけそうな気がする・・・」とか、そんなことは起こりません。

阪大は、爆発力(かなり得意な科目)があれば、センター試験でのビハインドを取り返せる可能性があります(が、そんな人物はセンター試験で失点することはほとんどありません・・・)。

神大は、センター試験でほぼ全てが決まります(センター試験対応力≒二次試験対応力)。

阪大・神大に現役合格するというのは、本当に大変な目標なのです。
限られた時間でその高い目標を実現するには、並はずれた集中力と精神力が必要です。そこでは多少なりとも勉強の代償として犠牲にするものも出てくるかも知れません。しかし、忘れないでください。得られる結果はとてつもなく大きいものです。受験で成功を収めたという事実は、将来の心の支えにもなるものです。

研伸館は、皆さんの阪大・神大受験対策が効率的なものになるよう、最大限のサポートをしていきます。それは、各教科からの傾向・対策メッセージを読んでもらえれば、一層分かってもらえると思います。

ここに書いた一般論が陳腐なものに見えるかも知れません。
この「阪大神大-現役合格への軌跡-」を活用して、有利に受験を進めていきましょう。

このページのトップヘ