大阪大学 世界適塾入試の軌跡

2年目となる大阪大学の世界適塾入試(以下、適塾入試)ついて特集します。適塾入試に合格した2018年の研伸館卒業生にアンケートを実施しました。その結果を踏まえて適塾入試について述べていきたいと思います。


どの程度の「力」が必要なのか。

推薦・AO入試というと「勉強しないで入学する入試」と誤解していないでしょうか。
その考えは適塾入試に関しては100%通用しません。昨年、今年の合格者達から言えることは、大阪大学に合格できる学力を「10」とすると、前期試験で合格する生徒は教科の学力が「10」、適塾入試で合格した生徒は教科の学力が「7」以上、それ以外での高校生活で評価すべき要素やPotential が「3」以上はあると言えます。

[イメージ]

大阪大学への合格力を「10」とした時
前期試験合格者=教科の学力のみで「10」
適塾入試合格者=教科の学力 「7」以上, 教科の学力以外「3」以上

以下の表を見てください。

<センター試験のボーダーラインと適塾合格者の関係性>

※1 合格者人数が1~2名の学科に合格した生徒のデータは除く。
※2 ベネッセデータネット参照

C 得点率=合格率40%
B 得点率=合格率60%

まず注目すべきは、センター試験においては全員が前期入試で阪大に出願できる成績であるということです。このセンター試験の成績であれば、慎重に考えれば神戸大学・大阪市立大学に出願、二次試験の力がある場合は、そのまま阪大に出願する人もいるでしょう(なお、実際に受験はしていないものの、12人の前期出願を見ると4人は神戸大学に出願していました)。

上記より、大まかに言えば、

適塾入試合格者は、センター試験において前期試験で大阪大学に出願できる得点を取っている。

とまとめることができます。

研伸館高校生課程 研伸館高校生課程

出願書類はどの程度重要なのか。

 「国公立なんだから、推薦入試だってセンター試験が勝負!提出書類なんて適当で良い!」。こんな勘違いをしてはいないでしょうか。残念ながら、それでは適塾入試に通用しません。以下のデータを見てください。

実際に書類審査だけの一次試験が行われる学部の中で、「人間科学部」「外国語学部」「理学部」「工学部」には不合格者が出てます。大学と受験生のマッチングを重視する今後の大学受験に繋がる試験がAO入試や推薦入試ですので、受験生の志望理由や過去の経験を証明する書類に関して比重があることは当たり前のことです。

また、前ページの表からは、志望理由書は審査の他に「面接や口頭試問の資料」でもあるということがわかります。適当に書いた書類、誰かに代筆してもらった書類がたまたま一次審査を通過してしまった場合でも、面接で志望理由書の内容を聞かれ、困ってしまうのは目に見えてます。

出願条件が29年度と30年度で異なるため、単純比較はできませんが、適塾入試初年度であった昨年は「人間科学部」と「外国語学部」は一次試験での不合格者は出していません。つまり「昨年、全員通っているから大丈夫だろう」という甘い考えで提出書類を作成した受験生が「人間科学部」と「外国語学部」にいた可能性は十分あります。

研伸館プライベートスクール 研伸館プライベートスクール

提出書類の作成はどれくらいの大変なのか。
準備期間と勉強の割合について。

適塾入試における書類の重要性については十分に分かってもらえたと思います。それでは、その書類の準備には、どれくらいの時間を合格者はかけているのでしょうか?

今回、アンケートにおいてトータルを10として「センター試験対策:二次試験対策:書類の準備」で力の入れ具合を答えてもらいました(なお、2018年度の適塾入試の締め切りは11月7日の17時でした)。

出願を確定させた時期 センター試験対策:二次試験対策:書類の準備(割合)
高3:8月中頃 5:3:2
高3:9月下旬 6:2:2
高3:10 月下旬 1:1:8
高3:9月頃 1:6:3

アンケートでは10月下旬に出願を決めた合格者から「出願までは志望理由書を書くのに必死でした」とのコメントがありました。実際に書いてみれば分かりますが、800~1200字程度の志望理由書というのは、書けそうで書けないものです。

また、学部によっては活動実績を証明する書類などを作成しなければならない場合もあり、想像以上に時間を取られると考えた方がいいでしょう。すると「出願の準備の時間を教科の勉強に充てた方が、大阪大学への合格可能性は上がるのではないか?」と考える人も多いのではないでしょうか(実際、AOや推薦に出願するかどうか迷っている受験生からの相談のほとんどは、そのような内容です)。

では、合格者たちが「いつ頃から出願を考え」、最終的に「なぜ出願に踏み切ったのか」をアンケートから見てみましょう。

出願を考え始めた時期 出願を考えたきっかけ
高3:8月中頃 受験方法を考えていく中で、推薦入試を視野に入れ始めてから。
高3:9月頃 研伸館の先生から、適塾入試について教えていただいてから。
高3:8月頃 「○○オリンピック」に参加したため、その実績を活かせないかと考え、いろいろな大学のAO 入試を調べていた。志望校を大阪大学に 決め、パンフレットの中に実績が活かせそうな入試として適塾入試を見つけ、チャンスが増えるのならと思ってから。
高3:4月頃 チャンスが増え、前期試験の一本勝負にならないと思ってから。
高3:8月頃 高校の面談で、学校の先生から適塾入試のお話を頂いてから。
高2:秋頃 高2の夏休みに参加したオープンキャンパスをきっかけに大阪大学を志望校として考えるようになった。適塾入試での受験を考えたのは、学校からの情報で知り、受験のチャンスが増えるならばと考えてから。
高2の3月~高3の4月頃 実施要項を見て、自分が今まで取り組んできた活動(課題研究、学会発表、研修)などが活かせると気付いてから。
高3:6月 実際に出願に向けての書類を書き始めたのは9月中頃。夏前から漠然と内容については考えていたが、夏休み中に「模擬○○」に参加 することは決めていて、そのことについても書類に書きたいと思っていたので、9月に入ってから動き始めた。
高3:6月末 出願を考え始めた頃から提出できそうな資格や必要な準備は進めており、学校の評定で満足のいく結果が出せたので出願を確定させた。
高3:9月頃 担任の先生と面談を重ね、チャレンジしてみようという気持ちが固まってから。

「チャンスが増える」と書いてくれた合格者が多く見られました。また、他の合格者も受験の機会を増やすというニュアンスがアンケートからは読み取れます。そこで「ずばり、自分が推薦入試・AO 入試・適塾入試に出願しようと思ったのは何故でしょうか?」という質問でも聞いてみました。

ずばり、なぜ適塾入試に出願しようと思ったのか

可能性は低くても、出願しないよりはチャンスが多くなるから。また、二次選考の内容がセンター試験後の勉強に、それほど負担にならないと思ったから。

世界適塾入試を勧められたとき、自身にとって有利な入試であると考えたため出願を決めた。

高校生の時に自分が行った活動を大学入試の判断材料として加味してもらえるから。また、大学入試のチャンスが一回増えることになるから。

受験の機会を増やすため。なんとか国公立大学に入りたいと思っており、国公立大学が不合格なら浪人ではなく私立大学に行こうと決めていた。そのため、何が何でも現役で国公立大学に行きたいと強く思っていたので、受験の機会を増やし、自分の希望である国公立大学に進学す るという夢を叶えるために受験を決めた。

センター試験が良ければ受かる可能性は上がるし、センター試験でコケてしまって志望大学を一つ下げるという状況になっても、適塾入試に出願していればもう一度大阪大学を受験することができるから。また、二度、大阪大学を受験できるというのは少しだけ自分のメンタルの支えになった。

学校の先生に適塾入試を受けることを勧められ、また自分も○○オリンピックを受けてきたことを活用できればと思っていたから。

本当に自分が行きたいと思う大学、学部があったから。チャンスが一回増えるという理由もあったのだが、志望理由書や面接で実際に自分の気持ちを知ってもらえるというのが大きかった。

進路指導の先生のアドバイスに従った。チャンスが1回増えることと、合格の時期が早いことがメリット。しかし、自己推薦文作成や面接練習など、忙しくなるので、気合が必要。

自分の強みを最大限に活かせる条件だったから。

単純に、受験のチャンスが一回増えると思ったから。志望校に適塾入試という制度があると知った時点で出願資格を満たしていたので、とりあえずチャレンジしてみようと思った。高校がSGH 指定校だったため日頃から課題研究に取り組んでいたこと、海外生活の経験から語学の資格を取得しやすかったことなどと、志望理由書を作成する以外は書類を準備する手間がかからず、一般入試の勉強と並行して行えたことも大きな理由。

出願確定理由は人それぞれ異なりますので、一概に「これで決めた!」と定式化はできませんが、強いて言えば、合格者に様々な角度で質問をした結果として、以下のことは言えます。

受験者の『現状の学力』+『一般受験用の勉強の時間的余裕』と『適塾書類準備+適塾二次対策にかかる時間』」を「チャンスが多くなる」という基準で比べて、「チャンスが多い方が、合格確率が高い」と判断した人が出願している。

続いて、口頭試問・面接についての対策についてです。

なお、「口頭試問や面接の内容」に関しては、「2019年度版AO・推薦入試のいろは(※)」という冊子が秋頃に研伸館で配布される予定ですので、それを参考にしてください。
※配布対象は研伸館校内生のみ

研伸館高校生課程 研伸館高校生課程

口頭試問・面接などの対策は何をしたのか。

口頭試問・面接対策の対策

センター試験が終わった後に対策を始めました。学校の先生数人と10 回程度練習しました。さらに、研伸館で1 回練習をしました。

一次選考の合否発表が二次選考の面接の二日前だったのですが、正直受かっているとは思っていなくてそれまで全く何もしていませんでした。ですので面接練習は研伸館の先生に前日に3,4回ほどして頂いたくらいです。学校でも特に面接練習はしてもらいませんでした。あとは2日間の間に提出した志望理由書を熟読し、自分の考えやしたいことがぶれないようにすることを意識しました。

「口頭試問は面接ではない」から練習はいらないと学校の先生に言われ、練習はしませんでした。志望理由や長所・短所、興味のある分野などの聞かれそうなことを自分でノートに書き出しました。

二次選考に面接がありました。対策は一次選考の合格が分かってからの一週間、毎日学校の先生にしてもらいました。昨年の面接の内容を踏まえての対策をしてもらおうと思っていたのですが、質問が想像の斜め上をいくものばかりだったので、志望理由などの定型のものに加えて色々と質問を考えてもらい、「その場で聞かれたことを自分の言葉でいかに伝えるか」というのを意識して練習しました。

年が明けるまでに、学校の物理や数学の先生に10 回ほど、口頭試問の練習をしていただきました。二次選考(面接・口頭試問)本番の2 日前に、学校の先生3 人に、本番と同じような緊張感・圧迫感で、練習をして頂きました。これは、とても良い練習になったと感じています。また、 専門的な知識が必要だということを過去問から知り、身近な科学を扱った本を読みました。

学校の先生と3回模擬面接を行いました。1回目は礼儀や入退室の動作の確認と簡単な質疑応答(10分程度)。2回目は本格的な法律に関するトピックスについての質問を混ぜた面接(30分程度)。3回目は本番を想定した総合的かつ抽象的で明確な答えのない質問を混ぜた面接(20分程度)といった練習でした。

面接に関しては、やはり志望理由書に関する内容に関して、何を聞かれても答えられるように練習しておくという当たり前の対策をしていた合格者が多いようです。口頭試問の質問内容は学部によって異なるため、前述の「AO・推薦入試のいろは」に詳しく掲載する予定ですので、そちらを参照してください。

最後に合格者から、適塾入試を考えている後輩たちにメッセージを書いてもらいました。参考にしてもらえればと思います。

推薦入試は比較的早い時期に出願します。そのため、受験勉強を進めていく中で、志望校や志望学部が変わっても、推薦入試は元の大学、学部で受けないといけません。必ず、出願前に、本当に自分が行きたいところかを考え抜いた上で出願してください。

また、適塾入試では、センター試験後の2週間程度で小論文対策、面接対策を行いつつ、二次試験の勉強を行う必要があります。正直、両立は大変でした。受験の機会を増やすことができるというメリットがある一方で、もし推薦入試が不合格だった場合、他の人より二次試験対策が出来ていない状態で、二次試験を受けなければならないというデメリットもあります。推薦入試のメリットばかりに注目しがちですが、必ずデメリットも自分で考えることが必要だと 思います。

もちろん、AO 入試への出願はメリットばかりではありません。学部によりますが、出願するには志望理由書を考えたり色々な資料を郵送したりと割と大変であり、時間も取られます。
また、二次選考で小論文がある場合はセンター試験後にその対策も必要になります。さらに出願は二次試験の勉強を始めたり、文系なら社会の範囲を全部終わらせたりする時期だと思います。そんな時に受かる可能性の低いAO入試の準備をするのは相当な忍耐強さがいると思います。出願する時は自分の勉強の状況とよく相談して決めることが大切です。

そして出願を決めて志望理由書などを書く際は、誰か先生に添削の指導をしてもらう方が絶対に良いです。自分だけでは志望動機や将来への発展のさせ方が弱いことに気付けないことが多いです。

一般入試に向けての勉強を怠らないことが大事です。AO入試はチャンスではあるものの、志望理由書の準備などに時間を取られ一般入試の勉強にも影響が及ぶことを考慮して出願を決めると良いと思います。

一般入試に向けての勉強を怠らないことが大事です。AO入試はチャンスではあるものの、志望理由書の準備などに時間を取られ一般入試の勉強にも影響が及ぶことを考慮して出願を決めると良いと思います。

一般入試の勉強にしわ寄せがいかないように注意することです。やり始めると分かるのですが、提出書類の内容や構成を何度も練り直したり、証明書を逐一揃えたりするのは案外時間がかかります。

 学校のテストできちんと良い成績を取っておくことが大切です。ひとつの高校から何人出願可能などと決まっていることもあり、第一に高校から推薦してもらえる成績が必要です。生徒指導などを受けていないことももちろんです。また、適塾は合格すると思って受けるべきではないと私は考えています。適塾入試が不合格だったとしても、前期試験に万全の状態で臨むという精神面のコントロール力が必要です。

書類の準備は思ったよりも時間がかかります。さらに準備中は全くと言っていいほど勉強できません。早め早めの準備を心掛けたほうが良いと思います。また、推薦系の入試は出願後の勉強に支障が出ないよう「受かったラッキー」くらいの気持ちでいるほうが良いです。推薦系を主眼に置くのは避けるべきだと思います。ですが準備や本番は全力で取り組んでください。

推薦系の入試は受験者の熱意が直接伝わる入試です。センター試験などで多少のビハインドを背負ってしまっても、それを跳ね返せるような熱意をもって挑めば、きっと結果はついてくるはずです。頑張ってください。

適塾入試は、センター試験で8割以上の成績が求められます。しかもセンター試験の結果が配点の半分を占めるので、より高得点を取ることが合格のカギだと思います。出願を視野に入れたら、提出書類の準備は早めに準備し、面接や小論対策はほどほどにして、センター試験対策を中心に最後まで諦めずに取り組んでください。

入試の日程、提出書類などを確かめるために、きちんと要項をチェックしたほうがいいと思います。大学によっては志望理由書や、学校の先生に書いてもらう推薦書の分量が膨大なこともあります。そのため、早め早めの動きが重要だと思います。また、要項を確かめることで、意外にも自分が出願資格に適合していた、ということもあると思います。加えて、学校の担任の先生によっては、あまり推薦入試を生徒に勧めない先生もいるかもしれません。そのため、 推薦入試に関する情報は大学のサイトから自分で進んで集めると良いと思います。

最後に、高校での活動を精力的に行いましょう。結果は後からついてきます。

合格データ集2016
研伸館プライベートスクール 研伸館プライベートスクール

このページのトップヘ