神大国語

~センター試験は全国平均+40!二次試験は処理スピードが重要!
基本的な知識を漏らさずおさえて、急いで解け!~

現代文対策

高3の8月上旬までの学習

語彙力のアップが読解への最優先課題です。よく、「現代文は読書量」と言いますね?「読書量」≒「語彙量」と考えてみてください。英語などの学習に語彙力が不可欠なのと同様に現代文でも語彙力は重要です。読書を怠ってきた人にとって、今からの読書で語彙を増やすことは非効率的ですので、常用漢字の意味が分かることを最優先課題にしてください。

漢字問題集は学校で配られたもので十分です。強いて言うならば、漢字の「意味」が書いてあるものの方が辞書を引く手間が省けて良いと思います(実際は辞書を読むことにも意味がありますが、時間がかかります)。漢字検定で言うと2級くらいが目安です。

高3の10月中旬までの学習法

語彙力の運用能力を高めてください。語彙は知っていても、文章中で理解できなければ意味がありませんよね?

記述とマークがバランス良く入った問題集を2日に一度解いてください。今までの読書量が少なかった人は2冊(最低20題)は解いてください。自分の読解が正しかったか否かを判定するために、評論の解説のコーナーに「本文要約」のついた問題集を使うとよいと思います。

また、記述において、問題集の解説を読むだけでなく、模範解答と自分の解答を見比べて、模範答案の真似をする、書写することも意味があります。とにかく、どんな問題でも、時間と辞書があれば、解答できるまでの能力を身につけてください。

センター試験前日までの学習法

センター試験前日までは、記述のことは少し置いておき、センター試験の形式に慣れてください。神大はセンターの得点率が最低でも80%は必要なので、センターの過去問の対策が最優先課題です。センターをクリアできなければ二次試験の対策が完全に無意味になります。2000年頃から最新のものまでは本試験だけは必ず解いてください。

2000年より前のものは文章が短く、「時間制限の訓練」には適していません。週に2題。最初は評論35分、小説30分から始めてください。1年分解くごとに30秒から1分、解く時間を短くし、最終的に評論25分、小説20分で解けるようにしてください。「丁寧に高得点」から、「丁寧に早く高得点」へを目指します。評論は25分で38点以上、小説は20分で38点以上を目指してください。

二次試験前日までの学習法

センター試験ばかりに慣れた頭を二次試験の問題に慣らしてください。センター試験終了の夜からでかまいません。

「高3の10月中旬までの学習法」で使用した問題集の記述部分だけを解き直し、頭を記述の問題向きに切りかえてください。その後、2003年頃の問題から全て解いてください。あまり古い問題は、現在と全く傾向が違うので、解く必要はないと思います。最初は時間を計らずに、徐々に時間を計って、理想は55分で現代文を終了させることです。ただし、60分でも厳しいと思われる情報量が神大現代文の特徴なので、「1問に何分以上粘らない」という自分なりのルールを作っていくことも重要です。特に80字記述は解答の構成要素をすべて詰め込むには字数制限が厳しすぎる時もありますので、欲張りすぎない答案を書くことも重要です。

答案は、できれば、予備校や学校の先生に採点をしてもらってください。無理な場合、旺文社の入試問題正解、教学社の赤本、駿台文庫の青本、など複数のプロの答案を見て、解答要素を自分の解答と照らし合わせてみてください。なるべく、プロの答案に近い要素で解答を書けるように心がけてください。なお、プロの模範答案同士も若干のズレはありますが、そこは問題ではありません。どの模範答案にも書かれている要素に注目してください。

研伸館高校生課程 研伸館高校生課程

古文対策

高3の9月上旬までの学習法

語彙力のアップが最優先の課題です。市販の古文単語集、学校で配られた単語集、何でもかまいません。センター試験前までには最低300語以上を頭に入れてください(ただし、多いに越したことはありません。読解などで語彙数を増やしていき、最終的な理想の語彙数は600語です)。まずは、夏期講習前までに動詞・形容詞・形容動詞を100単語以上、そして、夏休み中に副詞・名詞を含めて、動詞・形容詞・形容動詞も新たに100単語を覚えてください。これで200語以上の古文単語力がついています。また、本来ならば高2で全範囲が終わっていることの多い古典文法ですが、曖昧な人が多いという現状だと思います。

よって、7月上旬までに用言と助動詞を、夏期講習中に助詞と敬語をマスターしてください。なお、助詞は読解と共に、敬語は単語帳でという覚え方でもかまいません。

高3の10月中旬までの学習法

古文を読み慣れていないと、「覚えた単語・文法が文章中に出ているのに気がつかない」ということになります。

運用能力のアップのために上記をベースに、記述とマーク式がバランス良く入った問題集を2日に一度は解いてください。文法の解説なども充実した参考書を推奨します。また、単語は貪欲に、読解で追加しながら増やしてください。ちなみに、選択式の問題であっても、選択肢を見ずに自分の力で解答を作ってみることをお勧めします。例えば、「傍線部分の解釈として最も適切なものを選べ」とあれば、単語や文法の意味に照らし合わせて逐語訳を作成する。そして、選択肢の中に自作した解答と同じものがないかを確認します。この時点で選択肢に自分の解答がなければ、もう一度本文を読み、答えを作ります。

この方法を「どういうことか」「なぜか」といった設問すべてで実践します。これで記述する力と、その後に自分の答えを選択肢から選ぶことで選択肢の吟味の方法とを身につけることができます。なお、文法などを無視したテクニック系の参考書は国公立の二次試験に対応ができないので注意してください。どんな問題でも、時間と辞書があれば、解答できるまでの能力を身につけることが重要です。

センター試験前日までの学習法

センター試験前日までは、センター試験の形式に慣れてください。古文の場合、「高3の10月中旬までの学習法」で示した「選択式の問題であっても、選択肢を見ずに自分の力で解答を作ってみる」方法でセンター試験の過去問の対策をすることで二次試験の対策にもつながります。時期としては現代文と同じく10月中旬か下旬からセンター試験の過去問を始めてください。2000年頃から最新の本試までは必ず解いてください。週に2題。最初は古文30分から始めてください。1年分解くごとに30秒から1分、解く時間を短くし、最終的に古文を20分で解けるようにすることをお勧めします。古文を20分で38点以上が理想です。

二次試験前日までの学習法

「高3の10月中旬までの学習法」で使用した問題集の記述部分だけを解き直し、センター試験の問題に慣れきった頭を完全に記述の問題向きに切りかえてください。その後、現代文に併せて2003年以降の問題を解いてください。最初は時間を計らずに、徐々に時間を計り、理想は(厳しいですが)25分で古文を終了させることです。できれば、予備校や学校の先生に採点をしてもらってください。無理な場合、旺文社の入試問題正解、教学社の赤本、駿台文庫の青本、など複数のプロの答案を見て、文法要素、単語、指示語の抜き出し範囲を自分の解答と照らし合わせてみてください。

研伸館プライベートスクール 研伸館プライベートスクール

漢文対策

高3の9月上旬までの学習法

語彙力のアップを秋までに行ってください。使うものは、学校で配布されている句形集や研伸館の国語資料集などでかまいません。再読文字・比較・受身・使役・否定・疑問・反語・抑揚などの基本的な句形や漢文語句の意味、読み方を押さえてください。また、多くの句形集や参考書には句形以外に「覚えるべき漢字(重要単語や用字の一覧として掲載)」が100字程度載っています。時間が許す限り覚えましょう。

高3の10月中旬までの学習法

漢文は読み慣れていないと、「覚えた句形が文章中に出ているのに気がつかない」ということになります。運用能力のアップのために上記の内容をベースに、記述とマーク式がバランス良く入った問題集を3日に一度は解いてください(経営学部はマークのみの問題集でかまいません)。問題集は、解説を読むだけでなく、覚えていない句形や語句を追加で覚えることも重要です。また、もっている句形集は貪欲に覚え続けてください。どんな問題でも、時間と辞書があれば、解答できるまでの能力を身につけることが重要です。

なお、選択式の問題であっても、選択肢を見ずに自分の力で解答を作ってみるという古文で記載した方法は漢文でもすることをお勧めします。

※多少苦しくはなりますが、「高3の10月中旬までの学習法」をする余裕が無い人は「高3の10月中旬までの学習法」を飛ばして「センター試験前日までの学習法」にいきなり飛ぶという方法も可能だと思います。

センター試験前日までの学習法

センター試験の形式に慣れてください。10月中旬か下旬からセンター試験の過去問を始めてください。2000年頃から最新の本試までは必ず解いてください。週に2題。最初は制限時間25分から始めて1年分解くごとに30秒から1分と、解く時間を短くし、最終的に漢文を15分以内で解けるようにしてください。漢文を15分で40点以上取れるようになれば、かなり有利にセンター試験は戦えるはずです。

二次試験前日までの学習法

「高3の10月中旬までの学習法」で使用した問題集の記述部分だけを解き直し、センター試験の問題に慣れきった頭を完全に記述の問題向きに切り換えてください。その後、2003年頃の問題から全て解いてください。

できれば、予備校や学校の先生に採点をしてもらうのが理想ですが、無理な場合、旺文社の入試問題正解、教学社の赤本、駿台文庫の青本、など複数のプロの答案を見て、訳し方や指示語の抜き出し範囲などを自分の解答と照らし合わせてみてください。きちんと書かないと、小さなミスで減点され、理解できているのに点が無いということが漢文はありますので注意してください。

最後に

センター試験目標点が記してありますが、全国平均のブレが大きいのがセンター試験国語です。よって、「全国平均が50%程度の年に自分の得点率が65%程度だったこと」と「全国平均が60%程度の年に自分の得点率が80%以上だったこと」は同程度とみなしてよいかもしれません。センター試験の点数を見る時は、全国の平均点と自分の点数の「差」に注目してください。

また、神戸大学はホームページに二次試験の出題の意図などを載せています。参考にすべきかと思います。

君が神戸大学に入学できることを心から祈っています。

研伸館高校生課程 研伸館高校生課程
神大物理の入試傾向を見る

このページのトップヘ