神大数学(理系)

対策

高2・2月までの学習法

高1・高2の時は、授業では数学ⅠAⅡBⅢの各単元の導入がメインとなりますので、この時期は習っている数学の先生の指示通り、しっかりと予習・復習に取り組みましょう。そして既習した単元は、研伸館のテキストならば実践問題、学校の検定教科書ならば章末問題まで、すべて自分一人で解けるようにしてください。また、高2の秋からは『百撰錬磨』を使って数学ⅠAⅡBの定石解法を暗記し、第3回学力診断テストで神大理系数学以上の判定を取れる力を身につけておきましょう。

高3・3月~5月連休までの学習法

まずは全単元を既習している数学ⅠAⅡBから固めましょう。受験における標準問題に一通り触れ、頻出問題や難易度に慣れるために、『maッthMATH!』を自分で最低2周は進めてください。数学Ⅲは既習の範囲、特に「極限」を中心に勉強しておきましょう。

5月連休~7月下旬までの学習法

時間制限が無ければ、センター試験レベルの問題は8割以上取れるようになりましょう。そのために、『8割奪取の究極戦略(極選)』を用いて、本番と同じ60分以内ならば何点取れるのか、さらに時間が無制限ならば何点取れるのかを把握してください。

その後、週1回くらいのペースで、ⅠAとⅡBを交互に繰り返し、マーク式問題特有の出題や誘導に慣れていくことで、得点を上げていきましょう。
この時、どうしても失点してしまう単元は、前期テキスト、『maッthMATH!』、教科書傍用問題集などを用いて、個別に克服していくと良いでしょう。数学Ⅲは、前期テキストや教科書傍用問題集などを用いて、夏までに「微分法」の基本計算を練習しておきましょう。

研伸館高校生課程 研伸館高校生課程

夏期前半:7月下旬~8月中旬までの学習法

制限時間内にセンター試験レベルの問題は8割以上取れるようにしまししょう。そのために、『極選』や今まで解いた模試を復習してください。さらに夏期の演習講座を利用して、マーク式問題の解法やテクニックを学び、効率良く得点を取る練習をすると良いです。数学Ⅲは「複素数平面」、「いろいろな曲線」などもしっかり対策しておきましょう。

夏期後半:8月中旬~9月までの学習法

一度解いたことのある問題や類題ならば必ず完答できるようにしましょう。特に数学Ⅲは、「極限」と「微分法」を完成させ、関数を微分して増減表を作ってからグラフが書けるようにしてください。また夏期の演習講座で記述の添削をしてもらい、論証力も鍛えましょう。この時、自分の苦手単元を分析し、それらをノートにまとめると良いでしょう。さらに、ⅠAⅡBの難度の高い問題に慣れるために『難関大学への数学ⅠAⅡB[50の定石]』の阪神レベルの問題も解いてください。

9月~11月中旬までの学習法

11月に実施される大学別模試に向けて、問題の数をこなすようにし、融合問題にも慣れていきましょう。そのために、後期テキストや市販の問題集を使って、問題設定の把握をしてから条件を言い換えていく練習をしてください。また、大学別模試を受ける際は、実際の過去問を一度解いてみて、制限時間内で記述答案を作成する経験をしておくと良いでしょう。数学Ⅲはこの時点で「積分法」まで固めておきましょう。

1月下旬~1月中旬までの学習法

大学別模試後は、センター試験本番で確実に8割以上、制限時間が無ければ9割以上取れるようにしておきましょう。そのために、過去問を使って傾向に慣れることはもちろん、今まで受けたマーク模試の問題や市販のマーク式問題集を使って練習してください。この時、50分以内など、制限時間を短めに設定して練習すると良いでしょう。さらに冬期や直前の演習講座を受講し、抜け落ちていた知識の最終確認や、本番同様の緊張感の中で、落ち着いて実力が発揮できるようにしていきましょう。

1月中旬~2月下旬までの学習法

センター試験後、鈍っていた数学Ⅲの計算力や論証力を取り戻し、二次試験に備えましょう。まずはテキストを一通り復習し、その後は実際の過去問を本番と同じ120分で解いてください。また、記述答案は数学の先生に添削をしてもらうと良いでしょう。

研伸館プライベートスクール 研伸館プライベートスクール
神大数学(文系)の入試傾向を見る

このページのトップヘ