阪大化学

状況把握、高い思考力が求められるだけでなく、論述・計算過程やグラフの描図も要求される。

傾向

出題形式

試験時間は75分(2科目150分)、4問形式。

3か年の傾向について

阪大の化学では、教科書レベルを超えた内容をテーマとした問題や、複雑な状況を把握しなければならない問題が出題されます。

また、複数の単元の融合問題も頻出です。論述や答えに至る過程を求められる問題はほぼ毎年出題され、グラフの描図も時々出題されます。「書かせる(描かせる)」問題を出題するのが阪大化学の特徴でしょう。特にここ数年はやや難しい問題が多いので注意が必要です。

研伸館高校生課程 研伸館高校生課程
阪大化学の入試対策を見る

このページのトップヘ