阪大数学(理系)

数学Ⅲの内容の幅広い理解と揺ぎ無い計算力が必要!

傾向

出題形式

試験時間は150分、5問形式

3か年の傾向について

頻出単元は圧倒的に数Ⅲの割合が高く、5問中2~3問は数Ⅲからの出題です。「極限」、「微分法」、「積分法」「場合の数・確率」、「数列」、「整数」です。また、「複素数平面」も見落とせない単元です。他分野との融合問題も多いので、この単元は出ないというものは無いと考えた方がいいでしょう。

出題単元

*は現在は出題範囲外

過去に出題された単元の頻度

研伸館高校生課程 研伸館高校生課程
阪大数学(理系)の入試対策を見る

このページのトップヘ