阪大化学

~難問が出題されるとはいえ、基礎の定着を最優先に!~

対策

ステップ①

まずは、理論化学の学力を高めることが最優先です。そのために、まずは化学式や基本用語の意味を正確に暗記しているかどうかを確認してください。大学入試では思考力が問われる問題が出されるとはいえ、最低限覚えるべき事項を覚えていなければ思考することすらできません。

教科書で太字になっている言葉については、意味や定義も言えるようにしましょう。まずは重要単元が多い「化学基礎」の内容をマスターすることを優先してください。重要事項をノートにまとめる、あるいは教科書傍用の問題集の基本問題を解くことで、知識のインプットが十分であるかを確認しましょう。

しかし、阪大受験者であれば、このステップは高2までに終えるべきです。高3でまだこの段階に到達していなければ、急いで学習を進めてください。

ステップ②

阪大では暗記だけでは太刀打ちできない問題が出題されます。そこで、丸暗記に頼らず、理論的に理解する必要があります。

例えば、フッ化物イオンの半径がナトリウムイオンの半径よりも大きい理由を説明できますか?酢酸ナトリウム水溶液がなぜ弱塩基性を示すのかを化学反応に基づいて説明できますか?これらの問い自体は、入試でもよく出題されます。さまざまな物質の性質や反応について、「なぜそうなるのか」を理解していきましょう。

問題を解きながら考え方をアウトプットすると、より効率的に理解できます。

研伸館高校生課程 研伸館高校生課程

ステップ③

理論化学の計算問題については、解法を丸暗記するのではなく、「この式は何を意味するのか、なぜこの式を立てる必要があるのか」を常に考えながら解きましょう。そのようにすることで、多少ひねられた問題が出題されても同じように解くことができます。

ここで、問題演習について詳しく述べます。教科書傍用の問題集の応用問題レベル、もしくは『化学重要問題集』(数研出版)のA問題レベルについては、正確に解答できるようにしておかなければなりません。

阪大では難問も出題されますが、まずはこのレベルの問題を確実に解けることを目標にしましょう。これらの解法を理解することが、難問を解くためにも必要になるからです。苦手意識の強い単元については、さらに易しい問題(教科書傍用の問題集の基本問題など)を解くと良いでしょう。高3の夏休みまでには、理論化学分野において、これらの問題を「確実に解ける」ようにしておいてください。「確実に解ける」とは「一通り解く」ということではありません。一通り解いたところで、解けなかった問題が少なからずあるはずです。また、たまたま解けた、ということがあるかもしれません。したがって、もう一周(時間がない場合はできなかった問題だけをもう一周)問題を解く必要があります。

問題演習の際は、答えが合っているかどうかだけでなく「何が原因で間違えたのか」を考えてください。知識不足・計算ミス・問題文の読み落としなど、原因はさまざまですが、間違えた原因を明確にすることが、今後同じ間違えをしないために大切なことです。同じ原因で繰り返し間違えている場合は、そこが自分の弱点であるので、特に強く意識して問題演習に取り組む必要があります。

このステップ①~③は、1つ終わったら次に進むのではなく、同時並行で行うと良いでしょう。学校で習っていない単元があれば、まずは習った単元を進めていき、学校の進度に追いついたらそれに合わせて進めていけば良いです。ここまでのステップでは、時間も労力も大いに必要となります。しかし、ここまで到達すれば、入試対策は半分以上終わったも同然です。頑張りましょう。

ステップ④

理論化学がマスターできれば、無機化学の学習は非常にスムーズに進めることができます。なぜならば、理論化学で学んだ内容を理解していれば、多くの知識は丸暗記せずに理解することができるからです。例えば、アンモニアは、塩化アンモニウムに水酸化カルシウムを加えて加熱することで得られます。これは、強塩基である水酸化カルシウムが、弱塩基由来のアンモニウムイオンから水素イオンを受け取る反応(弱塩基遊離反応)が起こっているからです。ステップ②では反応の原理を理解していきました。それを活用して無機化学の内容を理解していき、かつ、ステップ②で身につけきれなかった原理を完全に理解していくのです。

問題集の進め方は、理論化学と同様で結構です。また、資料集や図録を見て、実際の化合物を視覚的に確認することも有効です。

ステップ⑤

有機化学や高分子化合物の単元は、ほとんどの高校では高3で初めて扱われます。多くの化合物や反応が出てくるので、これを反応系統図にまとめるなどして正確に覚えましょう。問題を解きながら暗記していくことも有効です。また、反応理論を学べば、理屈とセットで覚えることができるので、忘れにくくなります。特に暗記が苦手な人には効果抜群でしょう。

有機化学では、有機化合物の構造決定問題が頻出です。この問題を解くためには、重要事項の暗記だけではなく、問題文の読解や、論理的に考える力が求められます。知識を覚えているだけでは太刀打ちできず、解けたとしても時間がかかるので、十分に問題演習に取り組む必要があります。

また、高分子化合物は、学校での学習が最後になるため、十分な演習量を確保するのが難しいです。しかし、阪大では大問1つ分出題されることもあり、疎かにはできない単元です。とはいえ、難問は出題されにくい単元ですので、まずは基本的な知識をインプットしましょう。また、計算問題は特にしっかりと問題演習に取り組む必要があります。

ステップ⑥

過去問を用いた演習がメインとなります。阪大の化学では、見慣れないテーマの問題や、融合問題が頻出です。しかし、これらは基本的な解法を組み合わせることで解けるはずです。これまで学んだ知識を引き出す、あるいは基本問題の解法をどう適用するかということを意識しながら解いてください。もし解法が身についていないと感じたならば、ここまでのステップで挙げたことをもう一度確認しましょう。問題で設定された状況が複雑な場合は、図にまとめることも有効です。このような情報処理能力も高めていきましょう。

また、計算過程を書かせる問題や論述問題もよく出題されるので、その対策もしましょう。独り善がりな答案にならないよう、学校の先生や塾の講師に添削をお願いするのが有効でしょう。

研伸館プライベートスクール 研伸館プライベートスクール
阪大生物の入試対策を見る

このページのトップヘ